FC2ブログ

LESP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2013年12月31日火曜日

12月31日 23時11分 天候晴れ

こんばんは、カフェオレです。
ドードス・スペック第十四話『罪』3を更新しました。

今年は普通志望を描いた事が一番意味があった事のように思います。描き終わったからと言って嫌な事が全て無くなるというような事は無くて今ももちろん嫌な事は多くあります。普通志望で結論付けた事も全てひっくり返してしまいそうになる事もあります。私が描いた事は結局自分を小奇麗にまとめただけなのかもしれません。実際はもっと酷く、汚い。人を苛めたという事、私が苛めた相手に実はあまり反省をしていない事も事実です。私は二人の友人に対してただ申し訳なく思うだけで実際に危害を加えた障害者に対して全く想像力を欠いています。本当に申し訳ないのなら謝りにいけばいい。私はそれをしていません。きっと障害者たちは私を怨んでいます。それを何とも思わない自分がいます。ただ二人の友人に申し訳ないというだけで終わるのです。

制欲コントローラーを次に書きました。最初と違ってその内容は苛めを題材にしたものに変わっていきました。山田と呼ばれる苛められっこは私自身の投影です。主人公の山田や大村は私が望んだ人でした。もちろんそんな人間はいませんでした。助けてほしかったのかと言われたらそうじゃなかった気がします。ただ人の無関心が許せなかった。人を苛めていた人間が、今度は苛められる立場になり、そして他人の無関心を非難する話を書いた。都合のいい人間だと自分でも思います。

私は小説を書くのがいいのか、絵を描くのがいいのか、どちらが正当なのかについてはどうでもいいと思っています。自分が書きたい、描きたいと思ったものを描けた時、私は少し嬉しくなります。そこにはいつも二人が居て、私はそれを嬉しく感じるのだと思います。


仕事上の問題は今もあります。頑張っても仕方がないような場所で私は今働いています。私は頑張ってきましたが、遂に駄目でした。相応しい人間にはなれなかった。近くまでは行きました。でも最後の最後で駄目でした。私は今の職場で落ち着いていくんだと思います。悔しいという気持ちは確かにあります。無いと言えば嘘になります。私は努力をしてきました。だけれど、無駄に終わりました。無駄に終わったから今、縁あって小説や絵を描いています。

不思議です。上手く行ったらそれに越したことは無い。だけど上手く行っていたら小説や絵は描かなかった。上手く行かなかったから今、自慰行為に近い事をしている。これを上手く行っている中でやれる人がほんとうなのだと思います。私は創作者としてはにせものだと思います。逃げの果てにやっているからです。私は変われそうにありません。

でも創作をする意味は知りました。私は創作を続けようと思います。来年も続けようと思います。
新都社の人たちも良いお年を、来年も宜しくお願いします。
  1. 2013/12/31(火) 23:34:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。